インシュリンの役割とは

 

現代の医学では治らない厄介な病気のひとつが糖尿病です。 糖尿病はインシュリンがうまく働かない、インシュリン量が著しく減少する等の理由で血糖値を下げられない状態から発症する病気になります。

 

インシュリンは、血液中の糖を細胞に取り込む作用を促すことで血液中の血糖値を下げる役割を果たしており、言わば糖尿病とは切っても切れない存在です。

 

血糖値が高いということは、インシュリンを放出するすい臓の機能やインシュリンを受け取る側の体の機能が低下している現れ、つまり2型糖尿病ということになります。

 

血糖値測定器 詳細

 

インシュリンがうまく働かなくなれば、私達は長くは生きていられません。 進行した糖尿病の方は生きていくために、注射で人工的にインシュリンを投与する必要があるのです。

 

血糖値の管理を行うことが重要

 

糖尿病は初期のもの、進行したものに関わらず、恐ろしい病気であることには違いありません。

 

インシュリンを打つ必要が出てくれば、精神的な負担も大きくなるものです。

 

糖尿病は、インシュリンを打つ段階にまで進行させないためにも、自分の血糖値の変動を把握し対処していくことが重要となります。 血糖値の管理には不可欠と言えるのが、血糖値測定器です。

 

血糖値測定器は、糖尿病やその疑いがある人、インシュリンの注射を打つ必要性がある人に向けて病院側から支給されるものです。 ですが、どの段階において測定器を支給されるかは、病院や医師によって判断が異なります。

 

病院側も年々増え続ける糖尿病予備軍の方や初期の糖尿病の方全てに、血糖値測定器を支給している余裕がない現状があるのです。 ですが、糖尿病は食事療法や運動療法で持ちこたえられるような段階にある方こそ、自分の血糖値がどのように変動しているかどうかを正しく把握する必要があります。

 


のため血糖値測定器は、病院から支給されるのを待つのではなく、個人で用意することが求められます。 たとえ糖尿病と診断されたとしても、何が体に負担をかけ、どんな行動が体を良好に働くのかを血糖値を測定することで把握し、症状の悪化を少しでも防いでいきましょう。

 

血糖値測定器を選ぶポイント

 

一般的に血糖値測定器を選ぶポイントは主に次の3点にあります。

 

『測定に必要な血液の量』

 

『指先以外からの採血』

 

『使いやすさ』

 

血糖値を測定する際、通常であれば血は指先から採るのが一般的です。

 

ですが、血液の量が多く必要となる場合、必然的に傷口も大きくする必要があり、指先といった面積の小さい部位では傷だらけになってしまうことも考えられます。

 

痛みの少ない場所から少しの傷で測定できるという点は、体のコンディションを考える上でも重要なポイントです。 血糖値測定自体が心身共に大きく負担を与えるようでは、継続することも難しくなるかと思いますので、小さいことと思わずにポイントを抑えておくようにしましょう。

 

また、小さな傷口を圧迫した場合、血液以外の体液が混ざり測定結果に誤りが生じることもありますので、痛みや傷跡の点だけでなく、より正確に測定できる意味合いからも、血液が少なく済むということはポイントが高くなります。

 

フリースタイルライトは、上に挙げた3つのポイントを満たす血糖値測定器です。

 

血液を指先以外の場所から摂取することも出来る上、他の測定器と比較しても0.3μlと世界最低の血液量での測定が可能となっています。 3μlのイメージとしては大体ゴマ一粒と同じくらいのもので、虫に刺されたときに傷口からじわりと出てくるくらいの量です。

 

正確な測定をするためにも、よりポイントを満たす血糖値測定器を選ぶようことをお勧めします。

 

糖値測定の消耗品にかかるコスト

 

血糖値測定で必要になるのが、検査紙や穿刺針などの消耗品です。 何度も行う必要があれば、その分消耗品の充実度には目を向けたくなります。

 

特に検査紙はそれなりに高額であるため、少しでもコストダウンを意識したくなるものです。 測定に必要な検査紙や穿刺針といった消耗品の価格を抑えていてお勧めのショップに、ビューティー&ヘルスリサーチ社があります。

 

特に、薬局などでは手に入れにくい検査紙を単独で購入することができるのは嬉しい利点で、価格も業界最安値となっています。

 

血糖値測定は、例えば誤って濡れた手で検査紙に触れてしまったり、明らかに測定エラーの数値が出てしまったりして、何度か測定し直す場面に出くわすことがあります。

 

また、思ったよりも数値が高い・低いことで、念の為もう一度検査してみようと考える方も少なくありません。 検査をし直す度に必要となるのが検査紙です。

 

穿刺針も消耗品には違いありませんが、一度開けた傷口は急激に塞がるようなものではないため、その場ですぐに測定し直すことを考えた場合、当然検査紙の方が消耗する割合は高くなります。

 

 

血糖値測定器で血糖値コントロール

 

食事療法も運動療法も、決して血糖値測定器がなければ行えないという訳ではありません。

 

ですが、インシュリンの注射を打たないためには、明らかなデータを得て自分自身の血糖値をコントロールすることが必要となってきます。

 

特に境界型糖尿病ともなれば、血糖値測定は不可欠なものと言えるようにもなることでしょう。

 

血糖値を測定することで自分自身の身体をデータから研究し、血糖値をコントロールできるようになるには、より正確な測定が可能な血糖値測定器が必要となります。 血糖値測定器を活用し、少しでも健康的な毎日を送っていきましょう。

 

またここでは、血糖値測定器としてフリースタイルライトをお勧めします。

 

性能面からみても、消耗品充実度や血糖値を下げるお茶のおまけがつく点からみても、フリースタイルライトは非常にポイントの高い製品ですので、一度チェックしてみてください。

 

血糖値測定器 フリースタイルライト スターターキット

更新履歴